メインイメージ

ホテル業の求人

ホテル業の求人でポイントとなる飲食関係の仕事

サービス業は、一般的に大量のスタッフを採用して、接客サービスなどの業務を行うものですが、そのなかでも特に採用数の多さで知られているのが、ホテル業界です。この業界では、ほかの業種とは比べ物にならないほど、さまざまな職種のスタッフが活躍しています。

まずは、玄関前でお客様に対応するドアマンや、フロントで受付業務や問い合わせ業務を行うスタッフ、室内の清掃を行うスタッフなど、いろいろな人々が各自の仕事を全うして、初めて宿泊客に完璧なサービスを提供することができるのです。まさしく、チームプレーでうまく仕事を進めることが、お客様に喜ばれるポイントになると言えるでしょう。

このように、さまざまな人々が働くホテルにおいては、当然ながら求人数も相当な数に上りますが、そのなかでも、人事部が特に重視している求人が、優秀な飲食関係のスタッフを採用することです。なぜならば、最近の宿泊業においては、客室の整備の充実度ももちろんですが、館内の飲食施設の評判が、顧客の獲得のためには非常に重要なポイントとなるからです。

特に、近年は不況やデフレの影響のために、人々の節約志向が強まっており、娯楽やレジャーなどの遊興費の支出額が年々減少する傾向にあります。このような状況において、顧客を獲得するためには、従来のように宿泊客に特化したサービスを提供するだけではなく、食事だけを楽しむ日帰り客の増加に努める必要があるのです。

例えば、館内の飲食店で食事をした客が、その味やサービスに十分に満足すれば、次回再びその店を利用する確率が高まりますし、さらには、宿泊客として再利用してくれる場合もあるでしょう。また、口コミでホテル内のレストランの評判が高まれば、さらに利用客が増加し、客室の稼働率も高まることが期待できます。

このように、現代の宿泊業界においては、飲食サービスで顧客をひきつける戦略は非常に有効なのです。ですから、各ホテルでは、ライバルよりも少しでも評判のよいサービスを提供するために、求人活動に力を入れて、有名料理店出身のシェフを雇い入れるなど、飲食サービスの質の向上の徹底を図っています。また、館内に新規にレストランを開店して、宿泊客へのサービス強化を図っている所も少なくありません。人材確保のために、かなりの好条件を提示しているホテルも少なくないので、飲食業界で働くことを志望している人にとっては、今はまさに追い風が吹いていると言えるでしょう。

Copyright©2015飲食への転職を考えたとき必要な情報を知ろう All Rights Reserved.