メインイメージ

最近の投稿

料理長になるなら飲食求人

料理長になるなら飲食求人で職場を選ぶこと

料理人にとって職場において料理長になることができると、やはり待遇が今までに比べるとよくなりますし、一つのキャリアアップとなります。

料理長になる方法は大まかに言うと2つあります。1つは転職から飲食の求人を探して最初からこの役職が約束されている募集を狙うこと、2つ目はどんな職場でも良いので料理人として就職して実績や経験をしっかりと積み、そのまま信頼を勝ち取りキャリアアップする方法です。

どちらの方が簡単なのかは判断が難しいですが、飲食求人を探して応募する場合、これは採用条件がかなり厳しくなるので、本当に経歴が問われます。

格式ある職場になるほど、やはりしっかりと経歴が問われますし、外部からは募集をしていない職場も少なくはありません。

また、飲食の求人探しをして、このポストを得ることができる募集を見つけることができたとしても、そのお店や会社に魅力を感じることができない場合もあります。そう考えると、就職先を選ぶときに自分にとって本当に好ましいお店を選び、そこに骨を埋める覚悟で実績や経験をひたすら積むほうが早いと言えます。

世の中には数多くの料理人がいますが、すべての料理人が最終的に料理長になれるわけではありません。実力と信頼、あるいはコネクションがあるなど、限られた人だけが付くことができるポジションです。料理人の数から考えると本当に狭き門です。絶対にこのポジションを狙いたいなら本当に職場選びが重要です。やはり、長く在籍するほうが少しでも有利になるなら、途中で転職しないほうが好ましくなるからです。転職からこのポストを目指すなら、完全実力主義で自分の料理に対する技術や知識などから勝ち取るしかないと言えます。飲食のお店はいろんなところがあるので、まずはしっかりと長く働ける理想のお店を探したいものです。ポイントは自分の好きな料理です。いろんな料理がある中でも、こだわりを感じる料理を選んでおきましょう。

このように飲食求人から料理長を目指すのはとても厳しいのが現状であり、一番早いルートは同じ職場で頑張って実績を作ることです。また、ブランドの高いお店などを転々としながらも自分の実力を挙げて、自分でお店を開業してそこで料理長となるのも一つの選択です。どうしても、今あるお店においてこのポジションを狙うには実績などが十分にあっても、料理人のほうが数が多いのでなかなか空きが出ないことも考えられるものです。

飲食求人は転勤

飲食求人は転勤がある職場に注意しよう

飲食求人は職場によって転勤しなければならないことがあります。そのため、しっかりとこの点を確認しながら仕事選びをしていきたいものです。

飲食業界はいろんな職場を選んで就職や転職の活動をすることが出来ますが、基本的に飲食店であっても本社勤務であっても、その会社やお店の方針や経営状況等によって転勤の有無が決まってくるので、それぞれの飲食求人ごとにチェックしていく必要があります。人によっては身軽に引越すことが出来ますが、家庭を持っている場合などは簡単に引越すことが出来ないケースもあります。しっかりと自分の状況から私生活を含めて判断していかなければなりません。

やはり、独身の人の場合だと私生活よりも仕事を優先しやすい状況であり、転勤をしなければならない状況になっても比較的簡単にその判断をすることが出来ます。

一方、家族を持っている場合はそれぞれの生活もあるので、場合によって単身赴任をすることになります。

仕事のために引越しをしなければならない場合、将来を考えてキャリアアップ出来るなどビジネスにおけるメリットがあるなら良いですが、さほどそうしたメリットが無いのであれば、コストやデメリットの方が大きな要素となることがあるので、本当にしっかりと判断することが大事です。ちなみに引越すことになった場合、会社が社宅など住居を用意してくれるのか、どのくらいの金額まで費用を負担してくれるのかなど、内容をしっかりと見ておきたいものです。

生活をするためには住居だけではなく家具や家電など様々なものが必要となります。また、どのくらいの期間転勤するのかによっても、こうした準備のやり方が変わってきます。しっかりと内容を聞いておき、自分にとってデメリットが大きいなら別の仕事を選ぶ方が賢明だと言えます。

飲食求人を探す時に求人内容だけでは転勤に関して細かい情報を知ることが出来ません。

そのため、面接を受けた時にその可能性を感じる場合はしっかりと質問しておくことが大事です。この点をしっかりと確認しておかなければ、就職してからその状況になると、人によってはすぐに転職を検討しなければならないことがあります。二度手間にならないようにするため、生活をしっかりと安定させるためにも必ず確認をしながら仕事探しを進めるようにしましょう。実際、就職や転職活動をする時はこの点を見落とすことが多いので、しっかりと覚えておくことが大事でもあります。

Copyright©2015飲食への転職を考えたとき必要な情報を知ろう All Rights Reserved.